防犯の第一歩は家族同士の話し合い

イチオシ情報

  • さまざまな防犯対策

    通学時の防犯 通学時の防犯について、毎朝きちんと学校に行けてる…

    » 続きはコチラ

  • 防犯グッズで身を守る

    通学時の防犯で役立つこと 小中学生や高校生の通学を狙った犯行は…

    » 続きはコチラ

  • 防犯の第一歩は家族同士の話し合い

    子供自身の防犯意識の向上を 最近の小学校では入学すると防犯ブザ…

    » 続きはコチラ

  • 登下校時は不審者に注意

    子供の防犯は一人にならないこと 最近は登下校の子供を狙う不審者…

    » 続きはコチラ

子供自身の防犯意識の向上を

最近の小学校では入学すると防犯ブザーを配られたりする学校があるほど防犯意識が高くなっていると思います。防犯ブザーは危険時に周りの人の注意をひくためのとても大切なグッズであると思います。しかし、実際に何かあった時に子供がそれをきちんと使えるということが大前提のものです。
デザインが可愛いものも豊富に出ていますが、アクセサリー的にランドセルのフックにかけていても、何かあった時に鳴らせなければ意味がないのです。もしもの時のための備えをすることはもちろん大切ですが、子供とその危険に対する意識を共有することが一番大切なのだと思います。朝早くに起きるのが苦手で通学はいつもギリギリという状況と、子供たちが登校するのが一番多い時間に登校させる状況であれば、後者の方が防犯面的には沢山の目があり安全であると思えます。下校時も一人でフラフラ帰るのとお友達とまとまって決められた道を寄り道せずに帰るのであればどちらが防犯面で安全なのかは明らかだと思います。
集団の登下校が採用されている学校であればよいのですが、そうでない学校も増えているようです。そうなると、個々の防犯に対する意識に重要性を感じます。防犯ブザーなどのグッズと併せて、できるだけ安心安全に通学できる状況を親子で話し合うことも必要なことであると思います。

遠くに通っている小学生に人気

通学をする小学生を守る防犯関連グッズはとても人気があり、たくさんの種類が販売をされています。最も多く売れているのはホイッスルや防犯ブザーといったような商品ですが、小学生の中には鉄道やバスを利用して長距離通学をしている子もいます。こうした子供たちに人気の商品が、携帯電話とGPS機能そして防犯ブザーの機能といった3つの機能をセットにした商品です。
大手携帯電話会社から販売されているこのキッズ携帯は、24時間異常があるとその異常をキャッチします。そしてこのキャッチした情報が、警備会社を通して保護者の携帯電話に情報として発信されます。子供の位置はGPSの情報と携帯電話の基地局の情報利用して高い精度でどこにいるのかということを把握することができます。遠く離れていても簡単に子供の居場所を発見することができると言うことから現在人気のある商品になっています。
価格に関しては、防犯ブザーよりもやや高額になっており本体の価格が2,000円前後、月額の使用料金が1,000円前後人設定されています。合計で3,000円程度の出費をしなければいけませんが子供の安全を守ると言うことができることから、遠くの小学校に通っている小学生の保護者から人気を得ています。

Copyright(C)2017 お子さんの通学を安全なものにする防犯グッズ All Rights Reserved.