登下校時は不審者に注意

イチオシ情報

  • 登下校時は不審者に注意

    子供の防犯は一人にならないこと 最近は登下校の子供を狙う不審者…

    » 続きはコチラ

  • さまざまな防犯対策

    通学時の防犯 通学時の防犯について、毎朝きちんと学校に行けてる…

    » 続きはコチラ

  • 防犯グッズで身を守る

    通学時の防犯で役立つこと 小中学生や高校生の通学を狙った犯行は…

    » 続きはコチラ

  • 防犯の第一歩は家族同士の話し合い

    子供自身の防犯意識の向上を 最近の小学校では入学すると防犯ブザ…

    » 続きはコチラ

子供の防犯は一人にならないこと

最近は登下校の子供を狙う不審者が増えていて、学校の連絡メールにも頻繁に不審者情報が届くようです。子供の防犯で一番大切なのが、一人にならないことです。一人になった子供を狙って声をかけたり、体をさわってきたりするケースがあります。何人かで一緒にいれば不審者も近寄りづらいですし、万が一何かあっても一人だと声を上げられなくても、何人かと一緒なら助けを呼べます。
今の小学生は、防犯ブザーをランドセルに取り付けるのを義務付けている学校が多いと思いますが、突然おそわれたりしたら冷静に防犯ブザーを鳴らすことができないかもしれませんので、日頃からの心がけが重要です。いざという時に音が鳴らない、紐が引けない、などがないよう注意が必要です。
下校時に家の場所によっては途中から一人になってしまうケースもあります。なるべく近所の人が下校時には外に出ていたり、大人が歩いているだけでも十分防犯になるので、地域での見守りも大切です。また下校後に遊びに行くときなど油断しがちですが、この時もなるべく一人にならないように、防犯ブザーを持ち歩くようにしておくなど子供に日頃から伝えておきたいものです。意外と公園などにも不審者がいますので下校後も要注意です。

通学時の防犯の予防法や対処法とは

通学は朝ですが、夜のように暗くないからと安心してはいけません。最近では物騒な事件も多いため、気が気でないご家庭も多いと思います。やはり防犯のためには防犯グッズを身に付けることが手っ取り早いと思います。ひもを引っ張るだけで大音量で鳴るものがおすすめです。それをランドセルにつけて、いざという時に引っ張りやすくしておきましょう。
最近はスマホにも防犯アプリがいくつもありますが、スマホの場合はスマホを開かないことには操作が出来ないため、それは二の次と考えましょう。スマホはGPS目的で子供に持たせるのが良いと思います。そして通学時は人通りの多いルートを歩き、出来るだけ大人数でまとまって歩きましょう。何かがあった時に周囲に気づける人がいるかがとても大切です。通学路のところどころに先生や警備員を配置するなどするとさらに安全です。
そして学校で防犯についてしっかり子供に教えることが大切です。予防法や対処法を教えましょう。そうすれば未然に防げるかもしれません。家から学校までのそこまで遠くない距離の通学路だと思いますが、だからといって油断は禁物です。入学してまもない頃は、親が学校や途中まで付き添うのも悪くありません。全力で子供の安全を守ってあげてください。

Copyright(C)2017 お子さんの通学を安全なものにする防犯グッズ All Rights Reserved.