子供に普段から防犯意識を持たせる

イチオシ情報

  • 防犯の第一歩は家族同士の話し合い

    子供自身の防犯意識の向上を 最近の小学校では入学すると防犯ブザ…

    » 続きはコチラ

  • 防犯グッズで身を守る

    通学時の防犯で役立つこと 小中学生や高校生の通学を狙った犯行は…

    » 続きはコチラ

  • さまざまな防犯対策

    通学時の防犯 通学時の防犯について、毎朝きちんと学校に行けてる…

    » 続きはコチラ

  • 登下校時は不審者に注意

    子供の防犯は一人にならないこと 最近は登下校の子供を狙う不審者…

    » 続きはコチラ

防犯ブザーを使えるように

ここ数年で、通学時の子供を狙った犯罪が多く報道されるようになりました。そういった犯罪から子供を守るためのグッズは多くあります。その中でも、普及率が多く、最もメジャーなグッズと言えば、防犯ブザーです。不審者に遭遇した際、咄嗟に声を上げることができない人が多くいると言われています。この時、大きな音で周囲に危険を知らせ、なおかつ不審者を怯ませることのできる道具です。しかし、いくら防犯ブザーを持っていても、いざという時に子供が使えなければ、防犯ブザーを持っている意味がありません。お子さんは防犯ブザーの使い方を知っていますか?電池は切れていませんか?防犯ブザーは壊れていませんか?子供が通学時、不審者に遭遇してしまった際に、適切にお子さんが防犯ブザーを使えるよう、これらは定期的に確認しておく必要があります。なお、防犯ブザーが壊れていたり、電池がなくなっていないか確認する時、お子さんと一緒に防犯ブザーを鳴らす予行練習を行いましょう。予行練習を行うことで、頭の中だけで『使い方を知っている』ではなく、お子さんが防犯ブザーを使えるようにしておいて下さい。もし、自分が不審者に遭遇してしまった時、どう対処したらいいのか、お子さんの自分自身で身を守る術を身につけさせておきましょう。

防犯ブザーの持たせ方

近年、通学中の子供を狙った連れ去り等の犯罪が多くなました。そういった犯罪から子供を守るため、防犯ブザーを持たせている家庭も多くあるでしょう。学校や役所などから配られているところもあります。防犯ブザーは、不審者に遭遇した際、大きな音で周囲に危険を知らせ、なおかつ不審者を怯ませることのできる道具です。しかし、防犯ブザーを持っていても、登下校している子供達を見ていると、ランドセルの側面にあるキーホルダーフックに付けていたり、ランドセルの中にあるのか、もしくは持っていない子供も少なからずいます。『防犯ブザーを持っている』と不審者に見せることで、犯罪の抑止力になりますが、側面に付けていては、いざパニックになった時、ブザーを鳴らすことができるでしょうか?防犯ブザーはすぐに手に取ることのできる場所に付けておくべきです。取り付ける位置はランドセルの肩ベルトがいいでしょう。防犯ブザーを首にかけておく方法もありますが、安全面を考えると、ランドセルに付ける方がいいでしょう。ランドセルの肩ベルトに防犯ブザーフックが付いているランドセルも多くありますが、ないものは後付けできる器具もあります。防犯ブザーを持たせているから安全では、決してありません。お子さんを犯罪から守るため、防犯ブザーの付ける位置について見直してみて下さい。

電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。 まもレールのサービスは、通過時刻、利用駅、チャージ残額をお知らせすることができます。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 防犯は通学時が大切です

Copyright(C)2017 お子さんの通学を安全なものにする防犯グッズ All Rights Reserved.